Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪に使わされた意味

おはようございます(´▽`)


新しい朝を与えてくださった神様に、心からの感謝をささげます。


大阪に来て、早いもので1週間が過ぎました。
大分、心も体も、大阪に慣れてきた気がします♪

まだ、病棟などでの実際的な業務には入っておらず、心配事はありますが、日に日に確信を強めていることがあります。


それは、この大阪という地は、神様が導いてくださった場所なのだということです。



僕はちょうど一年前、あるみことばを受け取って、淀川キリスト教病院にやってきました。

「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」
ルカの福音書5章4節

(その時の記事です⇒http://christianstudent.blog27.fc2.com/blog-entry-495.html)


僕にとって、大阪という地は、本当に「深み」でした。

親戚や身寄りがなく、縁もゆかりもない街だからです。


しかし、神様はこの場所に導いてくださいました。


昨夜、僕が大阪に使わされた意味を思いめぐらしていました。

より良い研修を積み、良い医者になるため。

社会人としてお金を稼ぎ、自立するため。。

新しい人たちに出会い、新しい経験をして、人間的に成長するため。


どれも素晴らしいこと、大切なことです。


しかし、それは必ずしもこの場所でなくてもできたはずです。


神様がここに使わされたのは、ここで僕がイエス様のことを伝えるべき人たちがいるからです。

ここで、出会うべき人、イエス様のことを伝え、イエス様のもとへとともに歩んでいくべき人たちがいるからです。

僕はこの原点を忘れてはなりません。


「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」

イエス様は、ペテロにそう言われた後、実際に多くの魚を引き上げさせてくださいました。

そして、最後にこう言われました。


「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」
ルカの福音書5章10節


僕はこのみことばを信じます。

一人でも多くの人が、イエス様の御そばへと導かれるために、僕は僕のすべてをささげます。


満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/595-703ed527
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。