Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報い

報いは必ずあります。
善でも悪でも、必ずあります。

子供の頃、何か悪いことをすると父親にきつく叱られました。

学校でも、悪いことをすると先生に注意されました。


大人になっても同じです。
ウソをついたり、
陰口を言ったり、
人を欺いたり・・・

悪いことをするとそれに相当する報いがあります。


報いとして人との関係がギクシャクすることも多々あります。
報いとして大切にしていたものを失うこともあります。


私の人生を振り返ると、神さまに対して数え切れない罪を犯してきました。
何度も何度も同じ罪を繰り返したこともありました。
絶対に赦してくれないのではないかと思う罪を犯したこともありました。


過去の罪に相当する報いを受けるなら、
私は間違いなく地獄に行かなければなりません。


でも、主は私を赦してくださいました。
御子イエス・キリストの血によって私は赦されました。
ここに愛があるのです。


神はそのひとり子を世に遣わし、
 その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。
 ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
 私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
 ここに愛があるのです。

                     Ⅰヨハネ4:10


さらに、主から私に対して和解を提示してくださいました。


神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、
 また和解の務めを私たちに与えてくださいました。

                   Ⅱコリント5:18



だからこそ、私は主のために生きたいと思うのです。
だからこそ、私の全てを主に献げたいと思うのです。
「主に喜ばれる者に」
これが私の人生の目的です。


そういうわけで、
 肉体の中にあろうと、肉体を離れていようと、
 私たちの念願とするところは、
 主に喜ばれることです。
 なぜなら、私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、
 善であれ悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて
 報いを受けることになるからです。

                    Ⅱコリント5:9,10

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。