Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻水

体調が引き続き悪いです。


今日、市内の教会が集まり合同祈祷会を持ちました。
そこで、賛美の奉仕をしたのですが、
鼻水が止まらない。
いくら時間が経っても止まらない。
祈りの時間が始まっても、鼻水が止まらず集中できませんでした。


さすがにイラついた自分は、
「神さま!なぜ、奉仕をしているのに、
 あなたに祈りをささげているのに、
 それをさまたげるのですか。」
と神に怒りをぶつけてしまいました。


おまけに、変な汗まででてきて、
明日テストがあるっていうのに・・・。
神さま、何で?
何で私を苦しめるのですか・・・。
と嘆きの声さえ漏れました。


そんな、祈祷会でしたが、
その中で語られたみことばは、

そればかりでなく、患難さえも喜んでいます。
 それは、患難が忍耐を生み出し、
 忍耐が練られた品性を生み出し、
 練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
 この希望は失望に終わることがありません。
 なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、
 神の愛が私たちの心に注がれているからです。

                ローマ5:3-5


鼻水ごときでイラついた短気な私ですが、
私にとって鼻水が止まらないというのは、
何にも集中できなくなる大きな原因なのです。
私にとっては患難の一つなのです。

しかし、この体の弱さや体調の悪さという患難を忍ぶことで、
主は私に練られた品性を与えようとしてくださっているのかもしれません。



主よ。今日はあなたに対して、イラつきの言葉を口にしてすみませんでした。
鼻水ごときで怒る、短気な私ですが、
聖霊の働きにより、寛容という品性を身につけることができますように。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。