Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘えを超えて

こんばんは!

久しぶりの投稿です。
なんとか、なんとか生きてます。笑


時々、仕事の重圧で心苦しくなったり、一人孤独を感じて寂しい時。

病院のチャーチの一番左の列の後ろから四番目に座ります。
そして、
「ふーーーー・・・・・・・」
ってため息をついて。

祈ります。

聖書を開きます。


神様はこの苦しみを知って下さる。
この寂しさの中でともにいて下さる。

そう信じて、またチャーチを出て病棟に戻ります。


結局、学生の時はどこかで甘えていたんだと思います。

両親だったり、兄弟だったり、近くにいる友達だったり。

でも今、ほとんど知っている人がいない大阪という地にやってきて、自分の足でしっかり立ち前を向いて進んでいかなきゃいけない場所にやってきて。

僕の心には初めての葛藤、初めての苦難があるように思います。


そんな今だからこそ、ダビデが詩篇につづる言葉がとっても心に響く。

甘えていた今までは分からなかった、一人にならなければ分からなかった。

だから、僕はほんとに神様に感謝しています。

改めて、今いる場所は神様が遣わしてくださった場所なんだと感じるんです。


よし!明日もイエス様にあって前を向いて、一歩ずつ生きていくぞー!!



主は、私の光、私の救い。
だれを私は恐れよう。

主は、私のいのちのとりで。
だれを私はこわがろう。

悪を行う者が私の肉を食らおうと、
私に襲いかかったとき、
私の仇、私の敵、彼らはつまずき、倒れた。

たとい、私に向かって陣営が張られても、
私の心は恐れない。
たとい、戦いが私に向かって起こっても、
それにも、私は動じない。

私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しさを仰ぎ見、
その宮で、思いにふける、そのために。

詩篇27篇1-4節
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/604-b3467ab0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。