Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

結婚の目的

こんばんは!

すごい。。

ここ最近、毎日更新できてる(´▽`)
神様だーーー!

今日も一日守って下さって、言葉を与えてくださって感謝します。


今夜は久しぶりに、恋愛と結婚について!!


とその前にちょっとだけ。

今日生まれてはじめて胃カメラやってもらったんですよ\(◎o◎)/!

今消化器内科回っているんですが、先生が、
「佐々木・・・受けてみる?」
と冗談半分でおっしゃったのを真に受けて、朝ごはんもがっつり食べたのに急きょやってもらいました。



うん・・・・・・


今まで胃カメラされてる患者さんを何人も見ていたけど、、

めっちゃくちゃつらいですね( ̄ー ̄)

ほんとにやってみて分かりますわ。

特にのど元越えるまでが辛いのなんの。

うん。まとめると。
「人の辛さは自分が同じ目にあわんと分からん!!」
以上(´▽`)




さてさて本題に戻って。

「結婚の目的」

タイトルは思い切って格好良く言ってみたけど、こんなことは正直分かってない。笑

だってまだ結婚してないし(*'▽')!


ただ、最近「二人を生きる関係」という俺の人生にとってめっちゃ大事な一つの本の言葉を思い出すんですよ。

「ある意味で、結婚の一つの目的は、生涯をかけてひとりの人を知ること(そしてひとりの人に自分を知られること)にあるのではないか、と今私は思っています。」

初めて読んだときは、
「ふぅん・・・わかるような・・・わからないような・・・」
って感じだった。


でも最近めっちゃ、「相手を知る」ことの大切さを感じます。


「相手を知る」
ってどういうことなんだろう。


趣味を聞いたり。

家族の話を聞いたり。

面白かった話を聞いたり、落ち込んだ話を聞いたり。

そういうふうに、「聞く」っていう知り方が僕らにはある。


ほかにも、一緒に行動したり、遊んだり。

写真撮ったり。

「見る」っていう知り方もある。



だけど、それだけじゃなくて。

相手の存在そのものを、確かに今この世界で一緒に生きてるその人を、「感じる」っていう知り方もあるんですよね。

正直、まだうまく言葉に表せないけど。

この「感じる」っていうことが、とっても大切な気がする。



相手の喜び。

痛み。

悲しみ。

悩み。

傷。

強さ。

力。


それらを心と体と魂で少しずつ、少しずつ感じ取り。

少しずつ自分の内側に刻まれていき。

二人は本当の意味で近づいていく。

そういった目に見えない距離が、結婚にとって大切なのかもしれないって感じてる。



あるときは、一切言葉を取っ払って、目をつむって、相手の存在そのものを感じる時だってあっていいんだと思う。

それくらい、大切な相手を「感じる」ことは価値あることなんだと思う。


とまぁ、また抽象的なことを書いてしまった。笑

俺は今日もこんな感じ!!笑



でもいっつも原点はイエス様。

俺はイエス様に会ったことないし、見たことないし、直接声を聞いたことがない。

だけど、「感じる」。

ほんっとに感じる。生き生きと、心にイエス様のいのちを感じてる。


そういうことも言いたかった!笑


おやすみなさい♪

スポンサーサイト

2 Comments

なお says..."はじめまして!"
初めまして!たまたまブログを見つけ、拝見しました(^^)
私も最近教会に通いはじめました。現在社会人です。高校の時に教会に通っていてその時にイエス様を受け入れましたが、大学に入ってから少し前まで忙しく、教会やイエス様から離れていました。。クリスチャンではありませんが。
ふとしたきっかけを作ってくれた友人と共に教会に通っています。
ブログを拝見し、なんだかポロポロ涙が出てきました。ちょっと恋愛で悩んでいて苦しくて笑
なるほどなぁって感心しました!
ちょっと神様に聞いてもらってきます(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

またブログ見にきますね!楽しみにしてます!
長々とすみません。。
2014.06.02 19:04 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: はじめまして!"
なおさん、こんばんは!
読んでくださって、そしてコメントもしてくださってありがとうございます♪

恋愛・・・本当に素晴らしいものだと思う一方で、難しいですよね。
感情っていう、言葉じゃ表せないものがあるから、頭で理解しようとしたって分からないこと・できないことっていっぱいあると思います。
だけど、だからこそそっくりそのまま神様にお任せしたいですね♪
神様は感情も含めて全て、一番良い形で僕らに与えてくださると信じています。
2014.06.07 23:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/607-bc6ca455
該当の記事は見つかりませんでした。