Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love is War

こんにちーーーーーは!(´▽`)ゞ

昨日は当直で朝まで頑張って。
そして教会に行ってきましーた。

礼拝中は・・・正直うたたねもしましーた。

そして速攻帰ってきましーた。

読んでもらって分かる通り、何だか変なテンションです。

もう帰ったらそっこう布団にINって考えてたのに、帰りの電車で聞いたワーシップで心にファイアーがついたので、書いてから寝ます。笑


聞いてたのは、Hilsong Unitedの "Love is War"ってやつ。
こちらがアドレス↓
https://www.youtube.com/watch?v=-y7s8XnlD9o&list=PL3deMd8-p5lfUzCqljiHiPRGt33-l4b6H


とりあえず、、メロディーめっちゃかっこいい!
ぶっちゃけ最初はそれで惹かれて、何度も聞いた。笑

だけど、聞けば聞くほど、この曲に込められた熱い思いが国や言語を超えて胸に響いてきた気がする。
聞くほどに、「俺もあきらめんで戦い続けよう。イエスを信じて、あきらめんぞ!」って熱い思いがよみがえってくる。

そんな大好きなワーシップ。


youtubeを見ると、この曲のPVの最初には聖書のある個所が出てくる。

「わが父よ。どうしても飲まずには済まされぬ杯でしたら、どうぞみこころのとおりをなさってください。」マタイ26章42節

これは、イエスが十字架にかかる直前に、神様に対して口にした祈りだ。

最初はあまり気に留めていなかったが、でもなんか引っかかっていた。

Love is Warという曲と、この箇所がどう結びつくんだろうか。

この曲を聴くたびに思いめぐらしていた。


そして、ほんの少しだけど、その意味が分かった気がする。



みんなは、クリスチャンの人生にどんなイメージがある?

「イエス様信じたら最高ーーー!!!もう楽しいことで人生がいっぱい!!喜びがいっぱい!!」って思ってる。

それも実際そうだと思う。

俺はイエスに出会って、本当に全てが変わった。

生きる意味を見いだし、自分の使命を本気で求めるようになった。



一方で、俺は「最高」とか、「楽しい」とかそういったポジティブ・プラスな言葉の背景には必ず、「もがき」があることを忘れてはいけないと思う。


イエスは知っていた。

自分が十字架にかかり、死に、よみがえり。

そのことによって、人間を救うために遣わされたということを。


だけど、さっきのみことばを見る時、イエスはどんな感情だったんだろうと思う。

「やったーーーーー!!!ついに使命の時だ!!!確かに苦しいけど、必ず神様は復活させてくださるからね!なんにも心配なんていらなーい!!」
って明るくふるまっていただろうか。
全てをポジティブに、プラスに捉えていただろうか。


違う。


イエスは、もがいた。

人の子として生まれたイエスは、俺たちと同じようにもがいた。

その苦しみの先に、本当の自由があることを、最高の幸せがあることを、完全な愛があることを知りながら。

それでもイエスは、もがいた。

「どうしても飲まずに済まされぬ杯でしたら・・・」

俺はそのイエスのことばに、「もがき」を見た。



イエスは、俺たちと同じように、試練の中で、葛藤の中で、もがき苦しんだ。悩んだ。

そして、それでも神様を信じて従った。



ここは、本当に大切なところだと思う。

俺は、「クリスチャンは幸せだよー♪」ってだけではずるいと思う。

確かに幸せだ。

確かに自由が与えられる。

でも、そのために、俺たちはみんな神様に根底の根底から練り直され、一つずつもがきながら、本当の幸せと自由を探し続けるたびに出るようなもんだ。


そのことをきちんと伝えないのはずるいと思う。



話はそれてしまったが、最後にもう一度イエスの歩んだ道を見たい。


イエスは、もがいた。

もがき苦しみ、悩み苦しみ、それでも「十字架」という使命を果たした。


"Love is War"

愛は戦いだ。

簡単な道のりじゃない。

イエスが歩まれた道は本当に狭い。本当に辛い。

でも、それでもイエスのように神を信じて、もがいてでも、歩伏前進でもなんとか前に進んでいく。

そんな泥臭い生き方が、クリスチャンの生き方なんだと思う。



よーし、おやすみなさい(´▽`)ノ

スポンサーサイト

-4 Comments

りか says...""
満ちるさんこんにちは

以前コメントした者です。

あの頃、満ちるさん、学生さんで、私は迷える元看護学生でしたが…

今は満ちるさんはドクター私は入院患者…

お互いに戦ってますね☆

最近よく思います。キリスト教徒の生き方ってどれだけ厳しいんだろうって。(ちなみに主治医もクリスチャン)

でも満ちるさんも戦ってらっしゃるのを見て、私も戦おうとちょっとだけ強くなりました。

ありがとう満ちる先生!
2014.08.03 16:01 | URL | #- [edit]
さうす says..."私もそう思います。"
クリスチャンのいい部分だけを伝えて、厳しさとかを隠して、それではい信じましょう!って、何か違いますよね。
むしろ、両方をふまえて神様をきちんと理解して、信じて従うのが信仰なんだと思います。
それを教えられたのが今の教会でした。

これからも忘れないようにしたいですね。
2014.08.04 12:54 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: タイトルなし"
りかさん、こんばんは(^^)
ブログ、読んでくださってありがとうございます。

りかさんは今、入院されているんですね。

きっと、僕には分からない、いろんな葛藤や悩みや苦しみがあると思います。

それを、ありのまま、そっくりそのままイエス様に伝えてみてはいかがでしょうか。

「戦い」、「もがき」。

それは根本的には自分との戦いだと思います。

強く生きれる!頑張れる!そう思ってしまいやすい自分ですが、ほんとのところ僕らは一人では生きていけない。自分で自分を救えない。

だからこそ、そんな自分と戦って、勝利して、イエス様に全てを告白して明け渡す。

イエス様は必ず、りかさんの心に元気を与えてくださるって信じてます(^^)

また見に来てくださいねー!
2014.08.12 21:36 | URL | #- [edit]
満ちる says..."Re: 私もそう思います。"
さうすさん!元気にしてますか(^^)?

こうしてブログを読んでくださってありがとうございます。

コメント、とっても励まされています。

神愛は、神様を信じる上での喜びも、辛さも、そのまま教えてくれるほんとに大好きな教会です。

この間、記念誌が届きました。

離れていますが、僕の大切な母教会です。

これからも神愛が神様にますます用いられていきますように。
2014.08.12 21:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/621-34c8f28b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。