Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のこと。

こんばんは!

本日二回目の更新。



今日は、働くまではそんなに気にならなかったのに、働いた途端に大きな大きな存在感を示してきた「あいつ」について書いてみる。

正直、自分でお金を稼ぐようになるまで、俺はこんな風に思っていた。

「俺は、お金なんかに縛られるわけがない。お金よりも大切なことを知ってるから。俺はきっと死ぬまでお金に関してはそれほど悩まないだろう。」


でも、今の俺はどうだろう。

完全に「あいつ」に頭が持ってかれている。



今朝と同じく、デボーションテキストのリビングライフの巻頭の特集にこんな言葉があった。



お金というものには奇妙な特性があります。
なければ生きていけず、多ければ問題が生じます。
お金は、あればあるほどさらに欲しくなり、人の行動を支配します。




そして、俺が大阪に来る前に父さんがふとつぶやいた言葉を思い出す。



満ちる、父さんは神様に感謝している。
多くを持っていなかったことを、本当に感謝している。




正直なところ、今の俺には父さんが言ってたことを自分の言葉としていうほどの信仰がない。

だけど、働き始めてから生じた俺の心の中の葛藤は・・・、何も知らなかった俺が想像していた以上に強敵だった。



お金は不思議だ。

上限がない。

上には上がある。

たった一枚のTシャツも、500円のものから数十万円するものもある。

住む家にも、広さや土地柄、建てられた年数によって金額は大きく変わる。



上を求めれば、限りがないのがこの世界だ。

俺は学生時代、「こんな世界に染まるものか。いや、俺は絶対に染まらない自信がある。」と自分に言い聞かせていた。


しかし、今素直に思うのは、それは自分の力では絶対になしえないことだということだ。

俺も男だ。

男として見栄がある。

格好つけたいし、おしゃれだってしたい。すごく見られたい。

それが神様の目からみたらそれほど大きなことではないと気づいていても、俺の心の中にそんな衝動があるんだ。



クリスチャンとして、、情けないけど今の俺の心はこんなんだ。


だけど、さっき父さんと電話して、なんだかちょっと殴られた気がした。

小さい時に悪いことをすると、父さんは俺の頭のてっぺんに、垂直にこぶしをぶつけた。

あれは痛かった。

だけど、あの痛さが、これは駄目なことなんだと気づかせてくれた。


同じように、父さんとのさっきの電話で、父さんはそれほど強くは言わなかったけど、ずしんとげんこつをしてくれた気がする。

「本当に大切なことに気づきなさい。」

そういわれた気がする。



上を、さらに上を。

そんなむさぼる心に限りはない。


そうではなく、今与えられているものに感謝を。

与えてくださった神様に真心からの感謝を。


イエス様、俺のこのしょうもない心をあなたの愛で埋め尽くしてください。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/637-a28502a6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。