Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近のこと

昨夜は当直で。

今日は午前中仕事してからの、午後は自宅で爆睡。

そんなこんなで眠れぬ夜。

ブログを更新しています。


実は、何度かブログを書こうとしてみたんですが、実際書いてみるとうまく言葉にならなかった。

それは、あまりに自分の周りにいろんなことがありすぎてるからで。

なおかつ自分がそれらを消化できていないから。


前にも「キャパ」ってタイトルで記事を書いたことがあるけど、人には必ずキャパがある。

限界がない人間なんていない。

無限なのは神様だけ。



その限られたキャパに、何をどれくらい入れるかが大切なんだと思う。


したっけ、今俺のキャパの中で「仕事」ってやつは果たしてどれくらい占めているんだろう。

そしてどれくらい占めるべきなんだろう。


俺は淀川キリスト教病院という場所を、神様に与えていただいたことをとっても感謝してる。

尊敬する先輩ドクターがたくさんいて。

本当にいい同期に恵まれた。

研修も初期研修医として、充実した経験や勉強をさせてもらってる。


でも、この仕事だけで俺のキャパのほとんどを占めさせるのは違う気がする。

なんとなく。



それは言い訳とかではなくて。

仕事だけで埋め尽くしたら、多分俺は本当に愛のない、あったかい心のない人間になってしまいそうで。



友達とか、いつかはお嫁さんとか。いつかは子供とか。

人を真心から大切にすることを。

結果や功績よりも、今そこにある人間と人間のかかわりを大切にすることを忘れたくないな。



人間らしく生きたいな。



あと、最近考えてるのはやっぱり三年後の進路のこと。

働き始めたばかりなのに、またすぐ次の職場のことを考えなきゃいけない。

でもそれはしょうがない。

淀川キリスト教病院に残るのか、違う病院に行くのか。

大阪なのか、北海道に帰るのか。

神様は俺に何と言っておられるのだろうと考えている。



ただ、自分の中に平安があるのは、自分が重症心身しょうがい児者の方々と生きることに召されてるってこと。

具体的にどんなふうにかかわるのかは分からないけれど。

神様は自分の人生の節目節目に、重心の方々との出会いを与えてくださった。



彼らと生きることは、イエス様と生きること。

彼らの近くには、いつもイエス様が働いて下さってる。

そのことを感じてる。



さて、自分の生涯はどうなることやら。

まったく先も見えない。

神様を信じることは、忍耐力が試される。

イエス様にあって、ふんばるぞ。



読んでくださった皆さんにイエス様の祝福がありますように。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/643-acc46bd9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。