Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由な恋愛

おはようございます(^^)

って、今礼拝の時間なのでは?!と思う人もいると思うので先に弁明・・・笑

今、循環器内科をローテーションしていて、緊急カテーテルがあった場合は病院に呼ばれるため、淀川キリスト教病院かあ半径30分以内にいなければいけなくて.

いつも通っている、MB石橋キリスト教会は30分ではいけないので、この1カ月は尊敬する信友たちがいる「ライフハウス」に行っているんです.
そしてライフハウスは14時から礼拝(サービスっていったりする)があるので、今ブログを更新できるわけです、はい.笑



ここでちらっとライフハウスのこと.

もともとブログで知り合った信友が行っている教会で、最近ジーザスライフハウスっていう名前からライフハウスに変わりました.

本当に素晴らしい教会.

聖書に忠実に従い、分かち合いを大切にし、僕ら若い世代の救いにフォーカスを当てています.

いずれも、固定観念に縛られず、聖書の真理を大切にしつつも新しいことにチャレンジしています.

ここで、今までイエスさまを知らなかった多くの若者たちが、イエスさまを救い主と信じて、新しい人生を歩み始めているのを見る時ほんとにうれしくなる、励まされる!

本当に多くの実を結んでいる!

僕は、この教会を思うとき、ある聖書の箇所を思い出した.

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です.人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます.わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです.」


僕らがその人を知ろうとするとき、その人の友達や人間関係、歩んできた道のりを見てヒントを得られるのと同じように.

クリスチャンとして、また教会として、結ぶ実を見るときその歩みの素晴らしさが見えてくると思います.


もし、ライフハウスを知らず、見たことがなく、聞いたことがなく、イメージしかない人がいたとしたら・・・少しの勇気を出してそこで何が語られ、何が起こっているのかを見てみてほしいと思うんです.

その実をみるとき、本当にイエスさまがライフハウスを愛しておられ、働いておられることがわかると思います(^^)




と、前置きが長くなってしまいましたが、今朝は久しぶりに「恋愛と結婚」のテーマで書きたいと思います.



昨日、病院の先生方の集まりがあって、本当は同期で集まる予定だったんですが、日ごろの疲れがピークに達していて先に帰ったんです.

家で一人、ぼーっとしながら、「体育会TV」で田中のまーくんのスーパーショットを見て.

何しようかなって思ったら、旭川から持ってきたお気に入りのDVDたちが目に入ってきた.



そしてその一つの、「ユーガットメール」を見ました.


この映画、本当に好き.


トム・ハンクス、メグ・ライアンの二人が好きだし、何よりノーラ・エフロンの脚本が好き.

でも、それだけじゃなくて、この映画を見ると、自分の大切な人と出会った時のことを思い出すから、本当に好き.笑




と、別にのろけたいわけではないので、その内容を書くわけじゃなく.



イエス様を信じて、歩み始めて、与えられた女性との出会いの素晴らしさを伝えたいなって思う.


簡単にいうと、このみことば.

「古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました.」
Ⅱコリント5:17

ほんとにそうだった.


イエス様を信じて、従う中で、その人と出会い、いろんな話をして.

すべてが、ほんとにすべて新しかった.


お互いのことを伝える過程、知っていく過程.

イエス様が二人の心に触れて、一つひとつ扉を開いてくださる.

ほんとにすべてが新しい感覚だった.


(といいつつ、今もまだその途上なんだけど)



恋愛や結婚に関して、「そんなの自由にすればいいじゃん.」という人がいるかもしれません.

いや、恋愛・結婚に限らず、クリスチャンのように「●●はしてはいけない」とか、そういう風に制限されるのってなんか不自由だと思っている人がいるかもしれません.


実際問題、僕もイエス様に出会うまで、そう思っていました.

「好きだったらいいじゃないか.」

そう思っていました.



でも、本当にそう?


自分の思う通りにすることが本当に自由?


本当に幸せ?


僕は、自由の意味を問うとき、「かくれんぼ」のたとえをする.

まぁ、かくれんぼでも、だるまさんが転んだでも何でもいいんだけど.



なぜ、かくれんぼは楽しめる?


それは、ルールがあるから.


鬼が壁に向かって眼をふさぎ、30秒間数え、「もーいーかい!」と言う.

隠れてるこっちは、まだ隠れきれていなければ、「まーだだだよ!」と言う.

そして、隠れ終え、「もーいーよ!」と発されたのちに、鬼は一人ずつ見つけ出し、見つけ出された人から壁に手をつけつながっていく.



だけどもし!


このルールを完全に無視するやつがいたとしたら.

「もーいーかーい!」と言わずに、自分勝手に隠れていない人を見つけようとしたり.

そもそもまったく隠れようとしなかったり.


そんな人がいたら、かくれんぼは何も面白くない.




なんか話が脱線しているようにも見えるから、一気に戻すと、、笑


自由っていうのは、ルールが全くなく、自分の好き勝手にすることじゃないってことを伝えたいんです.


恋愛もそう.

二人がよければ、どんな順序だって、何をしたっていいじゃん!っていうのは本当は違うんじゃないかと思う.

二人にも親がいて、友達がいて、家族がいて.

そして神様がいる.


二人に守るべきルールがあるからこそ、お互いをゆっくり知る時間は楽しくなり、些細なことで力をもらったり、生きる勇気をもらったりできるんだと思う.



実際、俺はイエス様にある恋愛を体験して、本当にすべてが新しかった.いや、新しい!

小さな一つひとつが、本当に新鮮で、楽しくて、そして人生を豊かにしてくれる.



いつか、もしイエス様の御心でその人と結婚の日を迎えることができて、二人での新しい人生が始まったとしたら、それはそれでもっともっと素敵なことがある.


季節にも春夏秋冬があり、いずれの季節にも楽しみ方、歓び方があるように.

二人の全ての季節にも、それぞれの楽しみ方、歓び方があるんだなって感じる最近.




イエス様にある、恋愛と結婚は本当に素敵.

それが一番言いたいこと.



ではでは(^^)!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/649-0e129029
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。