Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溢れた感情は。

こんばんは!

循環器内科を終えて、ERが始まった。

熱心で、尊敬する先生方に囲まれつつ、これまで10か月行ってきた救急外来での診療をひとつずつ見直す時間を持てている。

本当に、恵まれた環境だと思う。

一方で、やはりかなり強いストレスが心にかかっているのだと、感じた今日だった。



昨日と今日は、2か月半ぶりに大切な人に会った。

本当に久しぶりだった。

昨日会った時、あまりに久しぶり過ぎて、隣にいる実感が湧かなかったくらいだ。

普段は電話で話している。

電話で話すと、不思議と沈黙時間を持たないようにと、いっぱいしゃべってしまう気がする。

今回、こうして一緒にいる時間の中で、むしろ二人には無言の時間が長かった。

無言の時間でも、相手の表情やしぐさを見て、それがある意味「ことば」となって心に響いたからだ。

それは、僕らにとっては本当に貴重な時間だった。



僕らはいつもは離れているが、確かに心の距離は縮まっているのだと感じた。



そして、二人の短い時間に別れの時が来た。



今回は、今までで一番辛かった。


二人の心の距離が近づけば、近づくほど、離れるときの悲しみは強くなる。


本当に切なかった。


それだけじゃなかった。


家に帰って、僕は自分の心の異変に気付いた。


心から、いろんな感情が溢れているのを感じた。


辛かったこと。


悲しかったこと。


歯を食いしばって、ぐっとこらえていたこと。


いろんな感情が、溢れ出ていることに気づいた。


彼女に会って、張りつめていた僕の交感神経の糸は切れてしまったのだと思う。


それほどまでに、彼女の存在が僕には大切な「家」のようなものだと感じた。





実は、大阪で働き始めて10か月。


本当に白髪が増えていた。


染めてごまかしてはいたが、白髪は増える一方だった。


でも、不思議と、そこまで辛い!悲しい!苦しい!と叫ぶことはなかった。


でも、今日を通してわかった。


俺は、辛かったんだ。


悲しかったんだ。


苦しかったんだ。


溢れた感情が、そのことを証明した。



俺は、弱い。


だからこそ、神様は俺の横に彼女を置いて下さった。


明日が、また来る。


明日も、生きる。


イエス・キリストの船に乗って。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/653-184ceb6e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。