Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエス様のこと。

こんばんは(^^)


また、少し時間が空いてしまいました。


今日は、New Wingsというゴスペルクワイアのライブに行ってきました。

本当に素晴らしかった。心が幸せでいっぱいになりました(^^)


New Wingsは、福岡を中心に活動しています。

中山栄嗣さんというリーダーをはじめとして、本当にイエス・キリストを知り、ともに歩んでいる人たちが奏でる賛美です。

だから、心にストレートに響きます。

そして、今日のライブでもはっきりと言っていましたが、

「別に私たちのゴスペルを忘れてもらってかまわないんです。ただ、皆さんの心にイエスの愛が残ってくれれば、それでいいんです。」

うんうん、その心を本当に尊敬しますし、私もそのように生きていきたいです。

このブログも、私の人生も。

「私」のことは、正直どうだっていいんですが、このいのちを通してイエス・キリストの愛がどれほど素晴らしいかを知ってほしいと心から願います。



New Wingsのライブは、YouTubeでも「あなたの瞳」「新しい命」という有名な曲は視聴できます。

なので、ぜひとも一度見てみてください♪

New Wingsを通して奏でられるイエス様の愛が皆さんの心に届きますように。




今日は、あまり長く書かないつもりです。

最近、なんだか「良いこと書かなきゃ」って力んで、なかなか書けなくなっていたし。笑

正直、それもどうでもいいことです。



私は私以上でも、私以下でもなく。

そして、私はこのブログにおいては重要ではなく。

このLifeを通して、神様は生きておられること、イエス・キリストは愛の救い主であることを一人でも多くの人に知っていただくことが一番の使命です。


生きることは、キリストです。



最近改めて思い出すみことばがあります。

「見よ。私は、確かにきょう、あなたの前にいのちと幸い、死とわざわいを置く。」
申命記 30章15節


本当に生きていて、このみことばの通りだと感じます。


私たちの前には、いつも「いのちと幸い」の道と「死とわざわい」の道の二つが置かれてある。

すべての選択は、このどちらかで。

私たちがその一瞬一瞬、何を選択するかで、私たちの人生は決まっていきます。



ある人は、


「それなら迷うことないでしょ!!『いのちと幸い』の道を選べばいいじゃん!」

と思うかもしれません。


でも、自分の心の声に静かに向き合ってみてください。

私たちは、それが「死とわざわい」の道であると知っていながら、そちらを選ぼうとしてしまう弱い愚かな存在です。


それは、私たちが罪びとだから。

私たちの内側に罪があるから。



「罪」を定義するなんて難しいことは、私にはできませんが。


こんな風に、本当に素晴らしいものを心のどこかで知っていながら。

わざわいの道を正当化したり、考えないようにしたりして、盲目に進んでしまうときに、人の内側に「罪」があるんだな・・・とつくづく感じます。




そんなことを積み重ねていくと。

いつしか、心は麻痺していきます。


気づけば、「いのちと幸い」の道、「わざわいと死」の道を区別する良心さえ濁ってきてしまう。

本当に、罪は恐ろしいものです。




しかし、希望はあります。


イエス・キリストの十字架です。


イエス・キリストの十字架でなされた死と、三日後に復活した揺るがない事実が、この「罪の呪い」を完全に打ち破りました。

唯一、イエス・キリストを信じる信仰によってのみ、私たちは罪の呪いから完全に開放され、父なる神様と完全に正しい関係に招かれる。

そして、イエス・キリストの愛の中でのみ、私たちは喜びながら、「いのちと幸い」の道を選び取り続けることができる。


神様が本来人間に与えようとしておられる祝福を、感謝してそのままに受け取り、その人生の本来の目的を果たして天国に行くことができる。




そして忘れてはならないのは、この奇跡を成し遂げるために、イエスという一人の人はすべての痛み・悲しみを引き受けたということ。

人間を愛するがゆえに、その引き受けて下さったのだということ。

絶対に忘れてはいけません。




「私が、きょう、あなたに、あなたの神、主を愛し、主の道に歩み、主の命令とおきてと定めを守るように命じるからである。確かに、あなたは生きて、その数はふえる。あなたの神、主は、あなたが、入って行って、所有しようとしている地で、あなたを祝福される。」申命記30章16節

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/660-d5f1f0cc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。