Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価 2

こんばんは(^^)


7月に入りました!

大阪は、まだ梅雨なのかな?雨の日が続きます。


逆に、時々来る晴れの日がとっても新鮮。

少しずつ、大阪の気候にも慣れてきたのかな。
まだまだ知らないことだらけの大阪、関西だから、いろんなことを感じ取ったり、吸収しておきたいなって思います。


さてさて、今日も等身大の自分で綴ります。


前々回かな?

「評価」というタイトルで、人からの評価ではなく、神様からの評価(温かい視線・愛)に注目しよう!っていうことを書いた。

現に今も、自分自身に、そう言い聞かせて過ごしているけれど。


そんなにシンプルにはいかないなーって思って、その中で改めて気づかされたことを書きたいと思う。




うーん。

正直、やっぱり人に認められたいなー、評価されたいなーって、心の奥底で自分は思ってるんだなって最近気づきます。

理解はしていても、、体と心が人の目を気にしていることに気付く。


でも、そんな中でも、改めて自分に言い聞かせる。

「神様に喜ばれることを求めよう。」

「イエス様のように、父なる神様の御心(ご計画)がなされるように生きていこうって。」



ふと思ったのは、イエス様も同じように考えておられたのかな?ってこと。


だって、イエス様も僕らと同じように人間だったんだから。

僕らと同じように、人から評価されたいと思っただろうし、ありのままの自分の存在を受け止めてほしい、そんな居場所が大切だと思ったと思う。



だから、きっとイエス様も、僕らと同じように、分かってはいても辛かったことがいっぱいあったんだろうなって。


十字架にかかるってこともそう。

それが父なる神様の計画だって分かってはいたけれど、それでも苦しかったんだろうなってことは聖書を読めば分かる。




だって何も悪いことしてないのに。

だってほとんどの人が何も知らないのに。

罵倒され、殴られた。


「十字架につけろ。」って聖書には書いてあるけれど。


今の時代の言葉に置き換えるなら。

「死ね!!!」っていう言葉。



なんてひどい言葉だろう。

何も悪いことをしていなかったイエス様が、何も知らない人たちにそんな言葉をかけられ、そして十字架にかけられた。



でも、それと同じか、それ以上に辛かったことがあったと思う。

それは、寝食ともにした、兄弟みたいな、親友みたいな、12人の弟子たちまで、自分のことを「知らない!!」って言ったとき。

僕らもきっとこれは同じで。

何も知らないやつに、あることないこと言われることも、そこそこ傷つくけど。

でも、「こいつだけは分かってくれると思ったのに・・・」、「こいつだけは味方だと思ったのに」って人に。

裏切られることって、本当に辛く悲しいこと。




イエス様は、こんなに辛い状況の中でも、どうして最後まで罪を犯さずにあゆみ通せたのかなって思った。

人としてのイエス様はこういったことを、辛いと感じないスーパーマンではなくて、むしろ辛さを受け止めながらも辛抱強く一歩ずつ十字架の道に従っていかれた方だと思う。




そんなことを思うとき、ふとイエス様が十字架にかかる前によく言っていたことを思い出した。


それは、父なる神様のこと。



「父なる神様の御心(ご計画)を行うことが、私にとって本当に幸せなこと。」


「父なる神様は、私のことをよく知っておられる。」



書ききれないほどに、聖書にはイエス様の父なる神様への思いが綴られてる。


なんでだろうって思った。

そしたら、一つ思ったのは、そうやって言葉にすることで、自分の原点であり、存在の意味を思い出してたのかなって。


どんなに苦しくても。

どんなに辛くても。

どんなに悲しくても。


天を仰いで、「父なる神様」のもとに、何度も何度も帰っていたんだなって。

そう思った。



僕も、イエス様みたいに、弱くて、辛くて、苦しくても、何度でも。

「かみさまーーーー!!あなたが私の父なる神様。私の原点。私の存在の理由。あなたの思いを行うことが、私の幸せです。どんなに世界が私に厳しく当たっても、もしかして信じてた人が私を裏切ったとしても、かみさまだけは変わらない。私は、あなただけに集中します。」


って、何度でも言葉にして言い聞かせること。

信じること。

信じ貫くことをしていきたいなって思った。



俺は弱い!


正直、本当に弱い!!


本当に弱いし、力はない。


でも、イエス様のように、父なる神様を見つめ続けたい。


神様にしか本物の希望はないから。





おやすみなさい(^^)

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/668-6e19a41c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。