Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪んだ心から、自由な心に。

こんばんは!


今夜も、こうしてブログを更新できることを感謝します。

正直言って、こんなに弱くて小さな自分が、聖書の言葉を綴っていいのかなって思うときもあります。

でも、なんだか神様が背中を押してくださっている気がして、今日も書きます。


このブログを通して、今も生きておられる、天の父なる神様とイエス様、聖霊様のすばらしさが「リアル」に伝わりますように。



今日のテーマは、ここ最近ずっと考えてたことで、大きな大きなテーマ。

正直、うまく語る自信はなし。


でも、うまく語る必要もないとも思ってる。


欠けたところは、神様が満たしてくださるから。助けてくださるから。





さてさて、聖書でアダムは最初の人間。最初の男。


そして、エバは最初の女。


そんな二人が、蛇にそそのかされて、神様に「食べてはいけない」と言われていた実を食べたとき。


何が起こったか知っていますか?


聖書には、こう書いてある。


「ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。」
創世記 3章7節



そもそも、人が最初に創られたときは、動物のように「全裸」だったということに気づく。


そして、不思議にも、禁断の実を食べて、人の心に「罪」が入ってきたとき、人は最初に自分が全裸であることが恥ずかしくなった。


この箇所が、最近なんだか気になった。


ひっくり返して考えるなら、僕らに「罪」が入ってくるまで、僕らは互いに全裸でも恥ずかしいと思わなかったということ。


このことを考えながら、ふと思った。


もしかして、「罪っていうのは、『歪み』とも言えるのかも。」って。


どういうことかっていうと、神様が僕らを初めて作ったときには、別に男女の関係も、性も特に恥ずかしがることではなく、互いに愛し合うために敢えて創られた違いだった。


だけど、僕らの中に罪が入って、男女の関係や、性に対して、神様の抜きの自分中心の考えになってしまったとき、一気に思考回路が歪んで、「恥ずかしい!」と思ったのではと考えた。




うん、ちょっと難しいけど、もう少し続けさせてください。



僕はきっと、その罪による「歪み」がすべての物事に対して起こってしまったのだと思った。



さっきも言ったけど、男女の違いだったり、「性」だったり。

それ自体は、何も恥ずかしいことじゃないし、むしろ二人の距離が身体的に縮まる素敵なツール。


でも、僕らは今これらの言葉になぜだか「恥じらい」を感じるように。



たとえばお金だって。


お金自体は、何も悪いものではなくて、「経済」というルールの中で自然と必要とされたもの。

それに突き詰めて言えば、ただの金属や紙切れ。


だけど、僕らは気づかぬうちに、お金に対しても、人と争うため、戦うため、隠したり、嘘をついたりして。

どんどん自分の心を歪ませる。


子供銀行が懐かしい。

小さな小さな偽物のお札や硬貨を使った頃は、純粋に何かを購入するための「ツール」であったに過ぎなかったはず。



まだまだ。

というか、すべてのことがそう。



たとえば、自分自身のコンプレックスもそう。

正直、神様からしたら、世界のすべての人が「完璧」なのに。

僕らは気づかぬうちに、人と比べ、相対化したりして、自分の価値を自分で決めてしまう。

でも、聖書には「あなたはそのままで、ありのままで、高価で貴い。」と書いてある。

本当にそうだと思う。(僕も、自分にコンプレックスがあり、歪んでるなーって思うけど。)



こうやって、僕らの心に罪が入ったことで、目の前のあらゆることに対する認識を歪めてしまう。


小さなころは、子供のころは、まっすぐだった心の糸は、歪んだ認識の中で、いつしかぐちゃぐちゃに絡み合って、自分の力ではほどくことができないほどになっている。


僕も実際そういう経験をしたし、今もつくづく自分の歪んだ心に悲しくなる。




でも!!!



だからこそ、イエス様がこの地上に来られた。

素晴らしい聖書の言葉がある。


「もしあなたがたが、わたし(イエス様)のことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
ヨハネの福音書 8章31-32節



めっちゃ素敵な言葉。


僕らが、歪んだ心から自由になる方法はたった一つ。

それは、イエス様を信じること。


イエス様を、自分の心にお招きすること。




イエス様はただ一人、生まれてから死ぬまで、自分の心に「罪」を、「歪み」を入れなかった。

素晴らしいものを素晴らしいと言った。

美しいものを美しいと感じられた。

お金に対する認識も本当にスカッとするくらいシンプル。笑
(今回は詳しく書かないけど、スカッとしますよー笑)


そんなイエス様を、僕も心に招き入れたい。



歪んだ心よ出てけーーー!!

イエス様にあって、もっともっと自由になりたい。




今日は、ここらへんで!


おやすみなさい♪

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/669-e29d1a07
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。