Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一日

こんばんは(^^)


今日は、丸一日お休みの日だった!

いっぱい寝て、ゆっくり準備をして、教会に行って、教会の友達と冷たいおいしいうどんを食べて、病院に戻って勉強して、今。


ふと毎月使っているデボーションテキストの、「リビングライフ」を開いた。

僕は個人的に、1節も飛ばさずに毎日読み進めたいタイプだから、このテキストを使ってる。

それと、みことばの解説はもちろん、聖書箇所・解説に関わるショートメッセージが心に迫ることが多くて。

毎朝、このテキストを通して、考えさせられたり、心が温かくなったり、反省したりしてる。

朝ごはんを食べるように、みことばを心に蓄えることって、とっても大切だし、幸せに生きる秘訣だと思う(^^)



そんな、リビングライフの最初の特集?のページに、こんな言葉があった。

今日の教会の役割は、施し、奉仕、社会事業などをすることではなく、人々の心を神へと立ち返らせることです。

神に対する記憶喪失にかかった人々、神に対する無感覚症にかかり、罪を犯して傲慢に生きている人々のたましいを目ざめさせ、悔い改めさせる役割、神に向かって心を開かせる役割です。


「教会と聖徒の真の使命」 オンヌリ教会 前主任牧師 ハ・ヨンジョ



本当にそうだと思った。

なぜって、僕自身が、そういう経験を何度もしてるし、実際に今日もまさにそんな感じだったから。


イエス様に本気でついていきたい!!って決意してから6年弱になるけど、正直・・・いまだにいっぱい失敗するし、どれだけ神様の愛を受け取っても、神様の記憶喪失や、無感覚症に陥ってしまうことがある。


情けないけど・・・それが僕の本当の姿。



今日も、朝の時点では、神様に対する無感覚症に陥っていた。

さっきは、「いっぱい寝て、ゆっくり準備をして、MB石橋キリスト教会の礼拝に出席して・・・」って簡単に書いたけど。

本当はこんな感じだった。


目が覚めて、とりあえずテレビをつけて、ワンピースを見ながら、少し部屋の片づけをして。

ゆっくり準備をして、ぼーっとしながら阪急電車に乗り込み、洋楽を聞いて、外を眺めてた。

その時の僕の心には、神様を本気で求める心もなく、真心の賛美なんてなかった。

そして石橋駅について、おなかが空いからマックでハンバーガーを買って、一言祈ってバクバク食べて。

テクテク歩いて教会についた。

最初の賛美の時間は、、正直あまり心を神様に向けずに歌ってしまった。



でも。。。



聖餐式が取り次がれ、みことばが心にチクッと刺さり。

賛美をして、船橋先生からメッセージが語られる中で、自分の心が少しずつ開かれていくのに気付いた。

そして、素直に、「神様ごめんなさい・・・。こんな僕だけど、許してください。」って祈ってた。



素直にそう言えた時、心は少しずつ開いていった(^^)

懐かしい、神様の温かさが心に広がって、やわらかい光が入ってきた。



その時、純粋にこう思った。

「教会に来てよかった。教会が与えられて、、本当に感謝だ。」って。



僕は、一人では絶対にクリスチャンで居続けることはできない。

自分の意志や決意、決断力だけでは、クリスチャンとして立ち続けることはできない。



だって、僕の内側にある罪は本当に強敵だから。

どれだけ、神様のすばらしさを知っても、その愛に包まれても、まるで重力のように心はまたもや罪に向かってしまう。


だからこそ、神様は僕のことを愛してくださって、こうやって立ち返ることのできる教会や家族、信仰の友達、そしてパートナーを与えてくださってるんだ。


どんなに失敗を繰り返しても、神様に対して背を向けてしまっても、無感覚になってしまっても。

絶対にあきらめない神様の愛を全力で感じつつ、もう一度立ち上がりたいと思う!!



もしかしたら、読んでくださってる方の中に、僕と同じ状況の方がいらっしゃるかもしれない。

一緒に立ち上がりましょう!

僕も同じです(T_T)

あきらめずに、今を生きましょう♪


おやすみなさい。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/674-fc889a31
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。