Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな医師になりたい。

こんにちは!


4月に入ってから、1回目の更新です。

僕は、初期研修と同じ淀川キリスト教病院で、小児科医として働き始めました。
これからしばらくは、ここで頑張っていきたいと思っています。


振り返れば、高校生の時に母さんが連れていってくれた障がい児との交流キャンプが、医師を目指すひとつのきっかけになりました。

とゆっても、
「僕がこの子たちを助けるんだ!」
とかそんな格好良いものではなく、

「母さんと同じように、この子たちと関わる仕事をしていきたいな。」
となんとなく思ったんです。


母さんが特に関わっていたのは、医療的なケアを必要とする方々でした。

気管切開や人工呼吸器、吸引など、命に関わる重い障がいをもった方々でしたが、彼らは本当に純粋でした。

中には、言葉も話せないし、感情を読み取ることもできない子もいましたが、彼らと関わると自然と心が穏やかになりました。


母さんはよく言いました。
「この子たちが笑顔になれる社会は、すべての人が笑顔になれる社会だよ。」


この言葉は、息子の僕にも引き継がれていて、いつも心にあります。




僕は最近ふと、医療の現場で最も必要なものは何なのだろうと考えます。


知識。


技術。


スタッフ。




でも、最も必要なのは、「愛」だと思うんです。



この子に元気になって欲しい、この子に笑顔になって欲しい、この子に幸せを感じて欲しいという思いこそ、医療の現場で最も大切なことで、僕が医師として最も大切にしていくべきことなんだと思っています。



僕は医師として、働いた分お給料も必要ですし、資格や地位も時に必要かもしれません。
また、今後どうなるかは全く分かりませんが有名になるかもしれません。

しかし、こういったことはあくまで結果の一部であって、目的ではないと思うのです。



正直なところ、医師という仕事は、富や地位、名誉が目的になりやすい、誘惑が多い仕事です。


富のために働くこと。

地位のために働くこと。

名誉のために働くこと。


これらは僕の心を、いつも誘惑してきます。



でも、僕はそんな時にイエス様を思い出します。
イエス様の人生を、イエス様の思いを、イエス様のリーダーシップを思い出します。



イエス様が一番大切にしておられたものこそ、まさに愛でした。

イエス様にとって、お金をたくさんもらうことや、その名が全世界で有名になること、王の地位に就くことは、目的ではありませんでした。


イエス様の人生の目的は、ひとりでも多くの人たちを愛し、天の御国へと導くことでした。
ひとりでも多くの人たちが元気になり、笑顔になり、本物の幸せを受け取ることを目的として、そのためにイエス様は十字架にも架かられ、復活されたのです。



僕も、イエス様のような医師になりたいんです。

目的を、決して誤りたくないんです。



小さな小さな子供たちを、彼らよりもっと小さな小さな僕が、愛し、仕えること。

このことを目的にして、一日一日を丁寧に大切に積み重ねていきたいと、強く思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/692-7b141569
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。