Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原動力

こんばんは!


今夜もこうして、このブログを通して皆さんに分かち合えることを本当に嬉しく思います。


今を生きる、小さなひとりのクリスチャンのことばですが、そのことばが、主にあってあなたの心に植わり、主にあって芽を出し、主にあって実となることを心から願っています。




先ほどテレビを見ていると、卓球の福原愛選手が戦っていました。
その真剣な眼差しと、巧みな技術に驚きました。


相手は前回のロンドンオリンピックの金メダリスト。
結果は負けてしまいましたが、それでも愛ちゃんの戦いぶりには何か胸打つものがありました。



これまでの4年間、いやこれまでの人生すべてをかけて、卓球に打ち込み、勝利のために努力してきたことが、テレビの画面から伝わってきました。


そんな中で僕はふとある聖書のことばを思い出しました。

「競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。
ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。・・・
ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。
空を打つような拳闘もしていません。
私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。
それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。」
Ⅰコリント9章24-27節


「選手が金メダルを目指して、人生のすべてをかけて努力をするように。
クリスチャンも、自分のからだを打ちたたいて、イエス・キリストに従っていきなさい。」


先に天国に行かれた、パウロ先輩の厳しいおことばです。


うーむ。

ストイックですね。



僕は、あまり自覚はしていませんが、ストイックにみられることが多いです。

これまでも何人かのクリスチャンの人に、
「みっち熱いねー。ストイックだねー。俺(私)にはそこまではちょっと無理だわ。」
と言われてきました。


しかし、本当の僕を知れば、そんなことを思わなくなると思います。


はっきり言って、僕はストイックではありません。



大学時代、陸上部に所属していました。

陸上部という場所は、まさに「ストイック」さが求められる場所でした。


陸上に本気でかけている人は、毎日のように練習をしていました。

練習でもよりハードに、よりハードにという流れがありました。


「後100メートルダッシュ!!」
という声を信じて走り終えたら、

「一番最後にみんなで400mリレーするよ!」
というような下りを何度も経験しました。


辛かった。。。


僕はそのたびに、
「もう嫌だ。帰りたい。もう陸上部を辞めたい。」
と心の中で叫んでいました。


確かに、やり遂げた後は大きな達成感はありました。

でも、正直なところ、僕はその達成感よりも逃げたい気持ちが強かった。



また、ひとり勇気を出して飛び出してきた大阪も。

人によっては、
「自己研鑽のためにストイックだねー!!」
と評価してくださいましたが、これも僕が、


「どんどん症例を経験したい!!どんどん成長したい!!」
と自らストイックに希望してやってきたわけではありませんでした。


本当は、学生時代の僕は、北海道の田舎町でゆっくりと研修をしても良いと思っていました。

実際に研修医のときも、当直のたびにドキドキして、当時は婚約者だった妻に電話をして、

「頼む。。。一緒に祈って・・・。マジで当直に行きたくない。。。。」

と弱音を吐いていました。



それでは、そんな弱腰、逃げ腰の僕がなぜ、クリスチャンとして今この地で戦い続けているのか。

僕自身の原動力は何なのか。




一枚一枚そぎ落としていくとき。



最後に残ったのは、聖書のことばでした。

神様が僕に語ってくださったことばでした。



僕の原動力の中には、確かに、向上心や熱意、ビジョン、夢もあります。

でも、これらはすべて、本当の意味では力なく、限界があることを僕は知っています。



僕の原動力の中で、決して色褪せないもの、永遠にぶれないもの。

それは、神様が僕に語ってくださったことばだけでした。




神様が僕に語ってくださったから、約束してくださったから、背中を押してくださったから。


僕は今この大阪の地で、何とか立ち続けることができています。



逆に言えば、神様のことばがなかったら、僕は決してこれまで立ち続けることができませんでした。



聖書には、「信仰は聞くことに始まる。」ということばがあります。


シンプルなことばですが、とても大切な真理。


全ては、神様からスタートしなければいけないんです。

たとえ、それがどんなに「良いこと」であったとしても、神様からスタートしていなければ意味がない。


ある日、僕が突然「牧師になりたい!」と思ったとして。

牧師になること自体は、とっても素晴らしいことですが、それが僕自身から出てくる思いなのであれば、熱意、決意、ビジョン、夢から来ているのであれば、僕は必ず途中で力を失い倒れてしまいます。



逆に、僕自身には「絶対に無理だ。」と思えるようなことであったとしても、神様が計画してくださったことなら、それは必ず成し遂げられます。

だって、神様に不可能なことは何一つないから。


「信仰は聞くことに始まる。」

この点を、僕たちは絶対に勘違いしてはいけないと思います。



僕は、神様に語られ、計画され、導かれたから、今この大阪の地に立ち続けています。

弱腰、逃げ腰の性格ながらも、一生懸命もがいています。



でも、信じています。

神様は、僕のこのたった一度の人生を、僕が思い描くことができないほど、高く素晴らしいものにしてくださると。

将来と希望を与えてくださると。



同じように、僕はあなたに、神様があなたに持っておられる計画を受け取って欲しいと心から願います。

一緒に、主に聞き続けましょう。

主に建て上げていただきましょう!



満ちる

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/699-dd3668d8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。