Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why do we study?

こんばんは(^^)

昨日は21時からぐっすり眠ることができました。
眠り、身体を休め、気持ちを新たにして今日を迎えることができました(^^)


神様は、人に働くことを与えられましたが、同時に休むことも与えてくださいました。
どちらかが欠けてもいけないんだと思います。

働き過ぎて休まないのも。

休みすぎて働かないのも。

どちらも違いますね。


イエスさまと働き、イエスさまと休む。

そんな人生をこれからも生きていきたいな。


今日のタイトルは、「Why do we study?」です。

実はこれは、僕が高校生の時に、北海道の英語のスピーチ大会で話したもののタイトル。

懐かしいな。

北見市という北海道の小さな町で、審査員の前で話したっけ。

僕の父さんと母さんは、高校時代演劇部で、このスピーチ大会に向けてジェスチャーを徹底的に指導してくれました。

父さんは僕よりも盛り上がってしまって、

「満ちる、最後はクラーク博士の "Be ambitious"と言ったらどうだ!」

とアドバイスしてくれて。

結局、それまでのスピーチの内容とあまり関係のない、"Be ambitious!"ということばを叫ぶことになりました。笑

今となっては良い思い出です。


話はそれてしまいましたが、当時の僕は、勉強することの意味を考えていました。

「なんで、将来使いそうもない、「古典」とかを勉強しなきゃいけないんだろー。」

という、みんなが一回は抱くような思いから、このスピーチを書きました。


実は、スピーチの原稿はどこに行ったかは分からず、結局当時の僕がどんな結論を出したのかは分かりません。


ただ、最近になって、この質問の答えを見つけ出すことができたんです。

今日は、そのことをシェアしたいと思います。





やっぱり、「愛」なんです。


「なぜ勉強するのか?」という問いの答えも、「愛すること」でした。


僕の仕事は医師です。

いつも、目の前に病気や障害に苦しんでいる方がいます。


医学を勉強することの動機は、その人たちへの愛なんだって改めて思うんです。

勉強することにより、よりよい治療を知ったり、症状を楽にすることができたり、障害を軽減することができて。

そのためにこそ、僕は日々勉強しているんです。


すべては、目の前にいるその人を愛する心に始まっている。


きっと、それは医師だけでないはず。

学校の先生も、なぜ、勉強して次の日の授業に備えるのか。

それはきっと、明日生徒ひとりひとりが、聞き、受け取り、身に着け、そしてその先に「大人」となっていくため。


勉強が、目の前にいる人を愛する心に始まるなら、勉強は本当に素敵なものだと感じていきます。


正直、愛を動機としなくても、勉強することはできます。

人の上に立つために。

お金を稼ぐために。

誰かを見返すために。


でも、その先には何があるんだろうって思うんです。

人の上に立つために勉強して、実際に人の上に立つことができたとして。

その先には何があるのかな。

幸せがあるのかな。


お金を稼ぐために勉強して、実際にお金をたくさん手に入れることができたとして。

その先には何があるのかな。



最後に・・・そうはいっても、もしこのブログを高校生の子が読んでいたら、、なかなか「愛するため」ってことを意識することは難しいと思います。笑

きっと、高校生の時の僕もそんな答えにはたどり着いていなかった。


ただ、今当時を振り返って思うのは、勉強することは、社会に出た時に必要となる、「忍耐力」を養うことにつながっているということ。


正直、僕は今、普段の生活で「古典」を使う機会はほとんどありません。

数学や物理、化学の難しい知識もほとんど忘れてしまいました。


でも、テスト前のストレスや、忍耐して忍耐して勉強したことは覚えてる。

それは、今も生きています。


だから、あなたも「今」を大切にして生きていくとき、神様があなたの前に「愛するべき人」、「愛をもって取り組む使命」を与えて下さると思います。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/702-da810a26
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。