Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の羊を飼いなさい。」

おはようございます(^^)

今日はお休み。

ほんっとーーーーーーに嬉しい(T_T)

幸せです。。


朝もゆっくりと目ざめ、ピアノを弾きつつ賛美して、時間を気にせずデボーションし。

思うままに妻と分かち合う。。


本当にお休みが大好きです。



メノナイトブラザレン教団の福音神学校の聴講生をしている妻は、ついさっき家を出て。

今はひとりです。


そして、神様と二人っきりの時間。
(「二人っきり」で合ってるのかな?)


最近あったことや、自分が話したことば、自分に伝えられたことば、抱いていた感情など、少しずつ心の奥底から湧き上がってくる。

ひとつずつ、祈りつつ明るみに出していくとき、自分の中の至らなさに気付かされます。


最近、心に留まった箇所があります。


「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、

 へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。」

                             ピリピ2:2

※虚栄=見栄(自分がすごい!って取り繕う心)


すごい、心に留まるというか、刺さりました。


正直・・・

小児科医として働く中で。

淀川キリスト教病院の中でクリスチャンスタッフとして働く中で。

石橋キリスト教会で仕える中で。


自分に2つの心があることを感じます。


1つは、ただただ神様を愛し、人を愛し、仕えていきたいという心。


でも、もう1つは、自分が目の前の仕事や奉仕をしていく中で、どのような評価になるかなとか、どのような結果を残せるかなとか、そんな心。





神様が僕を置いて下さっているこの3つの場所。

僕は、神様がここに導いて下さったことを確信していて。

僕はよく、

「(ここで神様が与えておられる)僕がやるべきこと、ビジョンは何だろう?」

って考えます。


「(ここで神様を信じて)僕は何をしていけばいいんだろう?」

って考えます。


これまで、こうやって考えることに何の違和感も感じていなかったし、これでいいと思っていました。


でも、こんな風に「僕がどうしていく?」って考えると。

「自分」という人間を中心に考えていくと。

どこかでズレが生じてくるんです。



まず、「僕がどうしていく?」って考えて、行動し、仮にうまくいったら、僕は「僕」を誇ってしまう。。。

僕が頑張ったから、僕が特別だから、僕が人より優れているから、そんな考えが気付かぬうちに心に生まれてきてしまう。


そして、周りの人を裁いてしまう。

「あなた」はどうするの?

「あなた」がやるべきことはできているの?

「僕」中心に考えるからこそ、「あなた」中心に考えることを求めてしまうし、「あなた」ができているかどうかが気になり、裁いたり、逆にできてない自分に落ち込んでしまったりする。。


そして正直、最後まで走り続けることができません。
どんなに熱意・体力・気力があっても、自分の力には限界があります。




でも、聖書を通して神様は語って下さっている。

「何事でも、自己中心や虚栄からしてはいけない。」

「自分の心をいつも見張りなさい。」

「あなたが、「自分が人よりも優っている」という考えに少しでも陥ってるなら、それは違う。」

「それは私の喜ぶ心ではないよ。」





それなら、僕はどんな風にクリスチャンとして生きていけばいいんだろう。

自己中心や虚栄から解放されるためにはどうしたらいいんだろう。




もちろん、神様はその答えも聖書を通して語って下さっています。

「イエスは彼に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。」」

                        ヨハネ21:17



「わたしの羊を飼いなさい。」って、正直僕もどんな意味か分かっていなかった。

でも、イエス様のことばをゆっくり味わうとき、この言葉が心に染みわたってくる。




「わたしの羊を飼いなさい。」


自分中心ではなく、イエス様中心に生きていくこと。


イエス様にあって、天の父なる神様の思いを、自分の思いに。

イエス様にあって、天の父なる神様の愛を、自分の愛に。



「この遣わされた場所で、「僕」がどうに生きていくのか。」

ではなくて。

「この遣わされた場所で、「イエス様」が僕を通してどう働かれていくのか。」



「この導かれた人に、「僕」がどう接していくのか。」

ではなくて。

「この導かれた人に、「イエス様」はどんな思いを抱いているのか。」


愛しい思い。

寄り添いたいという思い。

成長してほしいという思い。


そんな「イエス様」の思いを受け取り、そしてその思いで接していく。



そうしていくとき、自分中心の考えや虚栄は消えていき、代わりに平安と喜びで満たされていくんです。




最初にも言いましたが、正直、、、、僕はまだまだ2つの心で揺れています。



でも、日々の生活の中で、イエス様と一歩、また一歩進んでいくとき。

イエス様にもっともっと近づき、似せられ。

イエス様のLifeが僕を通してこの世界に溢れ流れでていくことを信じています。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/703-32c425c1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。