Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

元気ないシーズン

おはようございます(^^)

今日は当直明けで、さきほど家に帰ってきました。

家に帰る途中、いつもの商店街を歩いていると、

「朝9時から10時の間は、コーヒーが200円!」

という広告が目に入り、

ゆっくり一杯だけ飲んできました。


正直、今日は家に帰ったら、

ぼーっと撮り貯めたドラマを見て、眠くなったら寝て、

いつもの「ぐーたら当直明け」を過ごす気満々でした。


でも、コーヒーを一杯飲みながら、

いつも愛読しているデボーションの本の、

「いと高き方のもとに」をパラパラ見返す中で、

自然と心が神様に向かっていきました。



正直、この1ヶ月弱は気持ちがかなり落ちていました。

実は、無事に先月長男が生まれ、立ち会うこともできて、

幸せ真っただ中にいたのですが・・・


その後の日々の中で、人との関わりや、仕事の忙しさで、

僕のからだとこころとたましいは、疲れていきました。



僕も生まれて27年経ち、

こんな風に気分が落ち込むのは初めてではないので、

「あっ、またいつもの元気がなくなるやつが来たんだ・・・。」

「雨の日や、冬のように、過ぎ去るのを待つしかないな・・・。」

と思っていました。



そして僕がこんな風に気持ちが落ち込むと、

決まって示されるのが、Ⅰ列王記19章のエリヤの落胆の箇所。


今回も、19章1~18節を繰り返し読みました。


そして、「この時期が早く過ぎ去れば良いのに。」と願っていました。



しかし、今回は結構長くて。

かれこれ、1ヶ月弱。

気持ちが落ち込んでいました。

そして改善するどころか、

先日妻と息子に会いに北海道に滞在し、

その後大阪に戻ってきたギャップでさらに気持ちは落ち込んで、

悪化さえしていました。


「こりゃ困った・・・。」

と思い、途方に暮れていたのが、今の僕。

そして、家に帰って、撮り貯めたテレビドラマでも見ながら、ぼーっとしようと思っていた・・・

という最初の話に戻ってきました。笑




だけど、コーヒーを飲みながら、ぼーっと本を眺めていた時に、

「いと高き方に」という本のこんな一節が目に入ってきました。


「失望や抑圧に襲われる時、私たちはそれを、神や人のせいにしようとする。」

まさにその通り。。

僕は最近あったことに対する自分自身への失望や、

仕事という抑圧に対して、

神や人のせいにしていました。

神に対して、

「なんで俺はこんな目に合わなきゃいけないんだ・・・」

そして周りの人に対して、

「あの人はいいよなー。ある程度時間にも余裕がありそう。

なのにあれこれはしてないのはなんでだろう・・・。」

と不満が溢れ出ていました。


さらに語られます。

「神は個人的な生活において、あなたを危機に直面させる。

そして人はそれを助けることはできない。・・・

意志をもって神に向かわないなら、自分自身をあわれむ結果に終わるだろう。」



おうおうおうおう。

突き刺さる。

突き刺さる。

この本の著者、オズワルド・チェンバーズ氏というひとりの人を通して、

神は僕に語ってくださいました。


そして、この箇所が思い出されました。

「神が私たちに与えてくださったものは、

おくびょうの霊ではなく、

力と愛と慎みとの霊です。」

Ⅱテモテ1:8


私は、今の状況の中で、

自分自身を憐れみ・・・

いわゆる「自己憐憫」というやつに陥っていました。

そして、神や人のせいにしたり、怒りを向けてみたり。


でも、そこからは何も生まれない。


僕は、この状況の中でも、ともにいてくださる神に心を向けていきたいと思わされました。


冒頭でお話した、いつも読むエリヤの箇所。

彼も、同じように自暴自棄になり、自己憐憫に陥った。

でも、神はそれでも彼とともにいてくださいました。


同じように、神はこのしんどい数週間も、ずっと私の横にいて、

こう励ましてくださっているのです。


「わたしはあなたに命じたではないか。

強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。

あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、

あなたとともにあるからである。」


ヨシュア記1章9節




エリヤは、あの後神により力づけられ、もう一度立ち上がりました。

神は彼を見捨てず、彼に使命を与えられました。


神はエリヤと同じように、私をあきらめず、私に力強く働いてくださっているのを感じる。



やめよう。

自分を憐れむの。

神や人のせいにすることも。



意志をもって神に向かおう。

力と愛と慎みという、神の霊にあって生きるために。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/705-f7205289
該当の記事は見つかりませんでした。