Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番良い着物

こんばんは!

今夜もこうしてブログを通して、

真実で、唯一の神様のすばらしさを

伝えることができること、、

本当に本当に感謝します。



プロフィールにも書いてますが、

僕は偉そうに、

「クリスチャンはこうだ!」

とか。

「神様はこういう方だ!」

とか。

人に言えるような存在ではありません。


むしろ、父と母という本気で神様に従うクリスチャンのもとで育ち、

自分自身も神様を信じる洗礼を受けたにも関わらず、


僕はしばらくの間、

教会でみせる「クリスチャン」の自分と、

実際の生活の自分との、

二重生活を送っていました。


その中で、自分の思うままに生き、

傷つけた人もいました。


神様の存在を信じたり、従ったりするなんて、

全然考えてもいなかった。



そんな自分が、大学生になって、

いよいよ追い込まれた時に、

僕は生まれて初めて、自分の口で心の底から叫びました。


「神様!!本当にあなたはいるんですか!!!」

「あなたは目に見えない。あなたは聞こえない。」

「本当にあなたがいるなら、そのことを証明してください!」

「そうすれば、私はあなたを信じます。」



改めて書いても、

本当に神様に対する上から目線な祈り。。


今でも覚えてる。

2010年3月11日の午前3時、愛知の青年の家だった。


寒い施設の中で本気で祈った後。

ふとため息をついた時、


僕の心に今まで感じたことがない風が吹き付けるのを感じて、



心にふと、



「私の愛する子」


と語って下さったことばを感じた。。



涙が溢れた。



「神様が・・・いる・・・」


あんなに高慢な祈りをした自分なのに。

これまで、ずっと、ずーっと、

背を向けてきたのに。


裏切ってきたのに。


神様は僕をあきらめていなかった。

それどころから、

こんなボロボロで、汚い僕のことを、


「愛してる。」

と伝えてくださった。



あの瞬間から、僕は神様のために、

救い主イエス・キリストのために、

生きていこうと決心した。



それから、いろんなことがあった。


それまでの友達との関係が変わった。

当時お付き合いしていた人とも別れることになった。




全てを、失った。


全てを、手放した。



そのとき、神様は僕に語ってくださった。


それは、2010年3月11日にも語られた約束のことばだった。


「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。

-主の御告げ-

それはわざわいではなくて、

平安を与える計画であり、

あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」


エレミヤ29章11節



全てを、失った時。

全てを、手放した時。


正直、この約束のことばを、100%信じ切れていたかというと・・・

そうじゃなかった。


でも、この約束のことばにすがりついて。

必死に、

必死に耐えた。




そして、それからしばらく経ってから、

僕の目の前に、ある女性が現れた。



その人は、本当に神様を慕い求める人で、

御霊に満たされている人だった。


その人への思いが募り、

いろんなことがあった後に、

ふたりで会うことにになり・・・

結婚を前提としたお付き合いに向けて一歩ずつ進んでいった。






でも、


僕の心には大きな恐れが押し寄せてきた。

不安が心を覆った。



「僕なんかでいいんだろうか・・・。」


僕には自信がなかった。

こんなに素晴らしい女性を、妻としてめとり、

こんな自分が夫として支えていくことができるんだろうか・・・



僕には・・・無理なんじゃないか・・・



そんなときだった。

神様はある箇所を通して語って下さった。


それは、「放蕩息子」の箇所。


父を離れて、湯水のように財産を使い、

好き放題生きた後に、

全てを失い父のもとに返ってきた男。


彼は、使用人としてでもいいからやとってほしいと、

父に頭を下げるつもりだった。



僕と重なった。


僕自身、好きなように生き、全てを失い、

いろんな言い訳を携えて、

父なる神様のもとに帰ってこようとしていたから・・・



しかし、


父の反応は、

放蕩息子、そして僕の予想を裏切るものだった。




「こうして彼(放蕩息子)は立ち上がって、自分の父のもとに行った。

ところが、まだ家までは遠かったのに、

父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、

走り寄って彼を抱き、口づけした。

息子は言った。

『お父さん。私は天に対して罪を犯し、

またあなたの前に罪を犯しました。

もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』


ところが父親は、しもべたちに言った。

『急いで一番良い着物を持って来て、

この子に着せなさい。

それから、手に指輪をはめさせ、

足にくつをはかせなさい。

そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。

食べて祝おうではないか。

この息子は死んでいたのが生き返り、

いなくなっていたのが見つかったのだから。』」


ルカ15章20-24節



神様は、僕が帰ってくるのをずっと、ずっと待っていてくださった・・・

そして、ボロボロになった僕が、

やっと帰ってこようと歩み直そうとした瞬間、

僕を見つけ抱きしめ、

「愛してる。」

と伝えてくださった。




そして、僕のことを本当に喜んでくださり、

「一番良い着物」を与えてくださった・・・







神様は、愛に満ちた方・・・

その人が、それまでどんな人生を歩んできたか、

どんな失敗をしてきたか、

そんなことでそれからの人生の祝福を変えることはなさらないお方。




もちろん、僕自身・・・

自分の蒔いた種を刈り取るとき、

多くの痛みが伴ったし、

時間もかかった。



しかし、その先に天の父なる神様は、

エレミヤの約束の通り、

僕にとって「一番良い」妻を備えてくださった。。

本当に僕にとって彼女以上の妻はいない・・・



そのことを真に受け止めることができたとき。


僕は、神様が横に置いて下さった妻を、

自分の地上の生活の限り、愛し、

一緒に天の父なる神様のもとに帰ろうと決意した。





妻は、今も、僕を本当によく支えてくれている。

今日も、やっとしんどいトンネルを抜け出したかと思いきや、

気圧の変化からか片頭痛が襲ってきて。


午後は仕事にならないくらい頭痛に悩まされた。



そんな自分の弱さに打ちひしがれている僕の話を、

妻はただただ聞いてくれて、祈ってくれた。



僕は、このブログを通して、

妻のすばらしさを伝えたいというよりも、

神様のすばらしさを伝えたい。

妻もそう願っている。





神様は、僕らひとりひとりの最善を知っておられる。


神様は、あなたがどんなに失敗したとしても、

道を誤ったとしても、


あなたの帰りを待っている。



あなたが帰ってきたとき、

神様は僕の時と同じように、思いっきり抱きしめ、

そして、あなたにとって最高の人生へと導いて下さる。




神様はそういうお方。

愛に満ちたお方。

慈しみに満ちた方。



「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」

マタイ3章2節

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://christianstudent.blog27.fc2.com/tb.php/707-f69ff56a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。