Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ聖霊が与えられたのか

今日までの4日間、KGK北海道夏期学校でした。
本当に祝福された4日間でした。

たくさんの学び、発見をさせていただきましたが、
一番私が教えられたことは、
「聖霊は何のために与えられたのか」
ということでした。

しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、
 あなたがたは力を受けます。
 そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、
 および地の果てにまで、わたしの証人となります。

                   使徒1:8

何度も、何度も読んだ箇所のはずでした。
実際グループ聖書研究用のテキストを作るために、
準備委員である私はこの箇所を10回以上熟読していました。


しかし、今回大切な真理に気付かされました。
何度も読んでも新しい発見がある。それが聖書です。


神が聖霊を私たちに与えた目的は、「証人となること」なのです。
キリストの証人として、見たこと、聞いたことを伝えるために、
聖霊は私たちに下ったのです。
これが聖霊が与えられた目的なのです。

すなわち、聖霊の働きによってみことば及び真理を理解することも、
神の愛を感じて喜びに満たされることも何もかも、
聖霊が働かれることで学んだことは、
何も自分が満たされるためでも恵みでいっぱいになるためでもなく、
その学んだ真理を、学んだ愛を「伝える」ためにあるのです。

聖霊によって、
喜びに満ち溢れること、
愛に満ち溢れることは、
証人となるプロセスであってゴールではないのです。

この真理に夏期学校で気付かされた私は、
「今まで何やっていたんだろう・・・」
「今まで僕は主の恵みを自分のものとして満足していた・・・」
と心から反省しました。


今回のテーマは、
「Mottainai モッタイナイ ~この喜びを伝えよう~」
でした。

私は自分の十字架を背負い、
聖霊に満たされ、
キリストの証人となります。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。