Life

いまを生きる一人のクリスチャンの、生活、人生、いのち。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定観念

さっきの記事を書いて、
まだ1時間も経っていないのに・・・
気付けば書き始めてしまいました。



「そうか・・・、神さまそうですよね・・・」

と示されたときに書かないと、
いてもたってもいられないんです!



私の大学は今、テスト期間に入っています。
1ヶ月ほどの長い長いテスト期間。
これで5回目。
私はテストがあるたびに鬱っぽくなります。
でも、今回はそのことについてではなく、
私の固定観念について学ばされたことを証したいと思います。

私のよくないところに、
「こういうやりかたがいい!」
と思ったら、とことんそうしないと気がすまないところがあります。

例えば、現在のテスト勉強でも、
厚い教科書を端から端まで読まないと気がすまないのです。
そこがテスト範囲であろうとなかろうと、
きっちりやらないと気がすまないのです。
そのせいでいつも、余計に時間がかかったり、
無駄な時間を過ごしてしまいます。
今までは、それでもいい。
と思っていました。

でも、さっきふと以前書いたブログの記事を読み返しているときに、
気付かされました。

変な固定観念など捨て去ってよいものだ。
私がつくった固定観念など、
神の目から見たら本当に小さく、儚く、無意味なものだと。



クリスチャンの素晴らしいところに、
「ニュートラル(自然体)でいい!」
というところがあります。
私が頑張る!私がやらねばらなない!私のやりかたでいく!
という必要は全く無く、
主に従っていれば全てがうまくいきます。

「テスト」という一見全く関係もない出来事を通して、

「あなたの持っている固定観念を全て捨て去れ。
 あなたの全てを私にゆだねよ。」

と語ってくださっている気がします。

主よ。感謝します。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。